クラミジアの抗生剤

性感染症の代名詞にもなりつつある、クラミジアの抗生剤を確認しましょう。

そもそもは、クラミジア・トラコマチス(CT)により発生する性行為感染症で、目や性器に発症します。

性器に感染を引き起こす原因であるのは、CTのうちのD-K型で、A-C型とL型は、別の疾患を引き起こします。

部位はデープキス、オーラルセックス、性交などにより粘膜に現れ、男性は尿道で女性は膣内に、男女共通で咽頭にみられます。

検査結果で感染が確認されると、発症場所に関わらず、抗生物質の投薬治療になります。

マクロライド系のジスロマック、クラリス、クラリシッドやニューキノロン系のクラビット、オゼックス、トスキサシン、ガチフロです。

または、テトラサイクリン系であるミノマイシン、ビブラマイシンの場合もあります。

服用後の数日で、症状が治まる事が多いですが、完全にウイルス自体が、死滅しているとは限りません。

さらに、薬に耐性がある菌も増加している様ですので、服用を自己判断で止めたりしないようにしましょう。

症状が悪化したり、治りにくくなる事が懸念されます。

医師から、完全に治療が終る診断が下されても、定期的に性病検査キットの使用を心がけましょう。

クラミジアについて知る【症状と対処法】

日本で最も多い性感染症は「クラミジア」と呼ばれる病気です。厄介なことに自覚するまでに時間がかかるため、放置してしまう人が多いのが現状。しかも男女によって症状も異なります。せめて自身の性別に当てはまる症状と対処法だけでも知っておきましょう。

男性の場合

主な症状として、尿道からでる分泌物、排尿に伴う軽い痛みなど。軽度なため問題視する傾向が薄く、放置されることも多いです。長期間放っておいたために睾丸がはれ、高熱を引き起こしたという経験のある人も。

女性の場合

おりものの増加やお腹の痛みなど、自覚するのが困難です。しかし放置しておくと、不妊症や、妊婦にいたっては流産の危険性もあります。男性に比べて体に深い影響を受けやすいため、心配な方は定期的な検診をおススメします。

対処法

性病全般に言えることですが、少しでも怪しいと思ったならすぐに検査すること。保健所や病院、自宅で行える検査キットなどさまざまな方法があります。忙しい方でもいつでも調べられる環境が整っています。

特に女性は深刻な体の問題につながりやすい分、注意が必要です。クラミジアは身近な病気ととらえ、パートナーと情報を共有し、最低限の知識を身に付けておく必要があると言えます。

更新情報