クラミジアの抗生剤

性感染症の代名詞にもなりつつある、クラミジアの抗生剤を確認しましょう。
そもそもは、クラミジア・トラコマチス(CT)により発生する性行為感染症で、目や性器に発症します。
性器に感染を引き起こす原因であるのは、CTのうちのD-K型で、A-C型とL型は、別の疾患を引き起こすそうです。

部位はデープキス、オーラルセックス、性交などにより粘膜に現れ、男性は尿道で女性は膣内に、男女共通で咽頭にみられます。
検査結果で感染が確認されると、発症場所に関わらず、抗生物質の投薬治療になります。
マクロライド系のジスロマック、クラリス、クラリシッドやニューキノロン系のクラビット、オゼックス、トスキサシン、ガチフロです。
または、テトラサイクリン系であるミノマイシン、ビブラマイシンの場合もあります。

服用後の数日で、症状が治まる事が多いですが、完全にウイルス自体が、死滅しているとは限りません。
さらに、薬に耐性がある菌も増加している様ですので、服用を自己判断で止めたりしないようにしましょう。
症状が悪化したり、治りにくくなる事が懸念されます。
医師から、完全に治療が終る診断が下されても、定期的に性病検査キットの使用を心掛けましょう。